目の下のクマの種類と改善方法

 

まずは、目の下のクマの種類とそれぞれの改善方法を解説しましょう。

 

目の下のクマのケアと言うと、
タオルなどで温めたり、目元をマッサージしたりといった方法が有名ですね。

 

しかしながら、クマと呼ばれるものはいろいろな種類があります。

 

そのため改善ケア方法も違ってくるので注意が必要です。

 

 

ざっくり言ってしまうと、目の下のクマには、
青クマ、黒クマ、茶クマの3種類に分けることができます。

 

青クマ

寝不足や冷えなどで血流が悪くなってしまい下まぶたの静脈が青っぽく透けて見えてしまうためにできるクマです。睡眠不足で疲れきった人のイメージが強いかと思います。

 

黒クマ

まぶたの下の皮膚が彼によって弛んでしまい、影を作ってしまうことで黒っぽく見えてしまうものです。直接的に皮膚が変色しているわけではありませんか、周りから見たイメージとして黒っぽくなってしまうということです。

 

茶クマ

目をこする癖などで、刺激が蓄積してしまい色素沈着を起こしてしまうものです。さらに角質が厚くなってしまいた茶色っぽく見えてしまいます。

 

目の下のクマにはそのほかにもいろいろな種類がありますが、
上記に挙げたようなものが一般的なものです。

 

 

まずはご自分の目の下のクマがどのようなタイプなのかを確認し、それぞれにあった対処とることが必要です。

 

青クマの確認方法

青クマの確認方法としては、指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全に消えることありません。
メイクで隠すことができます

 

黒クマの確認方法

黒クマは、あくまで影で黒く見えるだけなので、上をむいたり、指で皮膚を引っ張ったりすると薄くなります。
メイクで隠すことができません。

 

茶クマの確認方法

茶クマは、そもそも色素沈着残ってしまっているので、指で皮膚を引っ張ったところで薄くなることありません。
メイクで隠す事は可能です。

 

青クマ改善、対処法

青クマの改善方法としては、血行促進を考えるのが最も大切です。

 

 

基本的に青クマができてしまう人は血行不良で冷え性の人が多いとされています。

 

そのため血行促進を工夫して行うことが大切です。

 

 

まず基本的なことで大切になってくるのが、適度な運動を習慣にして、体全体の血行を良くすることです。
その中でも毎日適度に歩くことが大切です。

 

 

最近ではパソコンを見ている時間の長い人がとても多いかと思います。

 

 

そのような場合には仕事の合間に、首や肩をほぐすストレッチをすることが大切です。

 

 

しかしながら、青クマは生れつきの要素も強い場合があります。
なかなか消すことが難しい場合もあります。

 

 

その場合はコンシーラなどもうまく使い、カバーをするようにして深刻に考えないことも大切です。

 

 

また目の周りの血行促進のツボ押すことも大切です。
目元の血液の流れをスムーズにする方法としては、マッサージやツボ押しがあります。

 

 

ですが、目の周りのマッサージは難しいとされています。
自分なりに考えて勝手に行ってしまうと余計な刺激を与えることになり色素沈着の原因になることもあります。

 

 

ツボ押しを行うタイミングとしては、洗顔した後、化粧水や美容液などをつけた後に行いましょう。
気持ちぐらいの強さで3秒間ほど押してぱっと離すのが理想的です。

 

黒クマ改善、対処法

目の下の黒クマの原因は、下まぶたの皮膚のコラーゲンが少なくなってしまって薄くなってしまうことです。

 

 

この部分のコラーゲンを増やすために必要なのがレチノールでしょう。

 

 

レチノールはビタミンの1種で、繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンを増やしてくれる作用が期待できます。

 

 

くろくまの対策には、レチノール配合の美容液やクリームを毎日のお手入れに加えることが大切です。

 

さらに、同時に行っていきたいのか、定期的なピーリングです。

 

 

週に1回程度のケアで角質を除去することで、コラーゲンの生成機能がします。
これによってレチノールの効果をされた止めることが可能です。

 

 

目の下のコラーゲンが減ってしまうと、皮膚が簡単に薄くなってしまい、弛んでしまい影ができます。

 

 

この状態を解消するにはやはりコラーゲンを増やすケアがかかせません。

 

 

レチノールは紫外線に当たってしまうと効果が半減してしまいます。

 

 

レチノール配合の化粧品のケアの場合には、
出かける前より、帰ってきて寝る前などの夜のお手入れが有効です。

 

 

またこのクマの場合は、お化粧などで隠すことがなかなか難しいとされています。

 

 

無理に隠そうとするとさらに陰影がついてしまい、メイク崩れが起こったときなどにはさらに深く目立つようになってしまいます。
まずは根本的なケアを行うように心がけましょう。

 

茶クマ改善、対処法

茶色いクマは、色素沈着が原因で起きてしまっているものがほとんどです。

 

 

シミやくすみなどが目の下にできてしまい、クマのように見える状態といえます。

 

 

この場合、ビタミンC誘導体や甘草エキスなど美白成分配合の化粧品でケアをすることが大切です。

 

 

ビタミンCのイオン導入と組み合わせるとさらに有効だとされています。

 

 

子供の頃から目の周りをこすってしまう癖のある人は、刺激によって目元がどんどんくすんできてしまうことが少なくありません。

 

 

洗顔やクレンジング、マッサージなどをするときに目の前にを強くこすってしまう方も気をつける必要があります。

 

 

目の周りにはどうしても小じわなどが目立ってしまい、ついつい入念に化粧水やクリームなど刷り込んでしまいがちです。

 

 

 

ですがこういった細かい刺激が蓄積されるとどんどん色素沈着や、
ちりめんじわなどのシワが増えることになります。

 

 

逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

茶クマの原因となる色素沈着を改善するにはピーリングが有効です。

 

 

メラニンの排出を促し、目元のくすみを効果的に解消することが可能です。

 

 

目をこする癖がある人などでよっては瞼が厚くなってしまっている可能性もありますが、
そういった方においてもピーリングは有効とされています。

 

 

余分な角質を除去し、肌を柔らかくしてくれます。

 

 

 

注意点としては、花粉症やアレルギー性結膜炎などで根元がかゆくなってしまい、まぶたを強くこすってしまう人がいます。

 

 

この場合、強くこすり続けると皮膚が黒ずんでしまうだけではなく固くなってしまい、さらに見た目の印象が悪くなってしまいます。

寝ても目の下のクマが消えないのは遺伝だから諦めるしかないの?

 

しっかりと睡眠をとっても目の下のクマが消えない。。。

 

その他にも
朝起きたときだけクマが目立ってしまうというケースもあり得ます。

 

目の下のクマは、
マンガやアニメなどを見ていても疲労や睡眠不足のイメージが多いですよね。

 

そのため、
クマ自体に睡眠不足のイメージを強くもっておられる方が多いかと思います。

 

 

ですが、
睡眠不足だけが目の下のくまの原因になるわけではありません。

 

 

寝不足すると血行不良が起きてしまうので青いクマが目立つことが多くなります。

 

 

またむくんでしまい下まぶたが腫れぼったくなってしまったことで
出来た影などが原因でクマになることもあります。

 

 

前日に水分や塩分を摂りすぎた時や疲れた時などにも現れやすくなります。

 

 

特にもともと黒いクマがある人の場合はむくむと余計に目立ちやすくなってしまいます。

 

 

こういった原因意外にも目の下のクマになってしまうケースは多くあるので寝不足がすべてというわけではありません。

 

 

そのため目の下が黒いからといって睡眠をとれば治るかと言えば
睡眠だけで改善するとは言い切れないのです。

 

 

ご自分のクマの種類に合わせたホームケアを行うことが大切です。

 

 

顔のむくみやすい人は、目元のツボ押しや冷たい飲み物を控える、
マメに運動することなど心掛けることで改善することが可能です。

 

やはり遺伝なの?


自分の両親に目の下のクマがあるということで
自分にもいずれ出てくるのではないかという心配を抱えている方がいらっしゃいます。

 

 

青いクマと黒いクマにはある程度遺伝性があります。

 

 

青いクマの原因は血行不良。

 

血行不良で冷え性になってしまう体質というのは遺伝が考えられます。

 

 

血流が悪くなってしまうことが多く、
生理不順や冷え性気味の体質を?血体質といいます。

 

 

この体質を抱えている方は目の下にクマが出やすいとされています。

 

 

しかしながら、生まれつきの体質であっても、
日常生活の食事バランスや適度な運動、漢方薬などの利用によってある程度の改善を可能です。

 

 

またもともと顔の造りとして彫りの深い方では目の下に影ができやすく、
黒いクマのように目立ってしまうことがあります。

 

 

体質的な意見としてではなく、顔が似ているといった要素でクマができてしまうこともあります。

 

 

もし現段階でクマができやすい状態にあるのであっても、
何かしらの改善方法は確立されています。

 

 

まずはご自分の目の下のクマがどういった種類に分類されるのかを確認することが重要です。

 

 

それに合わせた改善方法をとることができれば簡単に解消することも可能です。

 

遺伝してしまったからといって諦める必要はありません。

目の下のくまを目立たせないメイクの方法

 

目の下のくまを目立たせないメイクの方法

 

目の下のクマを隠す方法としては、
オレンジ系やイエロー系などのコントロールカラーを使うことが一般的です。

 

 

しかしながらコントロールからはかぶれてしまうこともあるので
肌が弱い人の場合は注意が必要になってきます。

 

 

その他に、肌への負担が極力抑えられる固形コンシーラーを使うことです。
少しの量でもカバー力が高いので自然にカバーすることが可能です。

 

 

固形コンシーラを使うときは、指の腹を使ってトントンとなじまする程度がベストです。
仕上げにパウダーを顔全体にムラなく塗ります。

 

 

コンシーラーの上にさらにファンデーションを重ねると厚塗り感が出てしまうので、おしろいだけにするのが良いでしょう。

 

 

目の下の黒いクマをコンシーラーで隠すのはよくありません。

 

目の下の黒いクマは肌の変色ではなくおかげでできています。
コンシーラを塗っても隠すことができません。

 

なんとか隠そうとして重ねてぬってしまうことにより厚化粧になってしまうこともあります。
逆に目立ってしまうこともあります。

 

 

目の下の青いクマにはオレンジ系。
茶色いクマにはイエロー系などの明るい色のコントロールカラーを塗るのが良いとされています。

 

 

しかしながら元々の肌質とあまりにも違う色を塗ってしまうと却って目立ってしまうこともありますので不自然に見えないためにも肌色と同じ色、1段階くらい暗い色のコンシーラーでバランスを取るのが良いでしょう。

 

 

コンシーラーで隠すことができる青いクマや茶色いクマはもちろんのこと、
コンシーラーでは隠すことができない黒いクマにも共通して使える方法があります。

 

それは視線をずらすというテクニックです。

 

 

アイラインをしっかり入れる、チークを少し入れる。
口紅に明るく艶やかな色を使うなどとすれば、そこに自然と視線が集まることになりクマが目立たなくなるという方法です。

>>マキアレイベルを半額で購入する☆
※全額返金保証付きキャンペーン中です