毛穴を目立たせないために必要なこと


毛穴を目立たせないために有効な成分は2つあります。
毛穴の詰まりや、たるんでしまった毛穴のスキンケアに使用されます。

 

 

毛穴を目立たせない成分

ビタミンC誘導体

1つ目はビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えつつコラーゲンを増やす効果が期待できます。

 

 

そもそも皮脂を減らす事は難しいこととされていますが、
ビタミンC誘導体の化粧品には、皮脂の分泌を若干抑える作用があります。

 

毛穴のつまりの予防を期待することができます。
そしてビタミンC誘導体には、コラーゲンを増やしてくれる作用も期待できます。

 

体の中からハリが出て、毛穴の開きを防いでくれます。

 

化粧品としての成分の表示に、リンゴ酸アスコルビンまたは、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと書いてあるのがそうです。
ビタミンC誘導体配合の化粧品を週に1、2回のイオン導入を行うとさらに有効です。

 

 

年齢を重ねることに、毛穴の広がりはとても深刻になっていきます。
乾燥が進めばどんどん毛穴が目立つようになってきます。

 

いちど乾燥が起こってしまうとなかなか潤った肌に戻すことが難しくなってきます。
ビタミンCなどをうまく使い体の外側内側両方からスキンケアを行うように心がけましょう。

 

余分な皮脂を抑えることができれば、そもそも角栓の原因になるものが抑えられますから、
毛穴の黒ずみなども防げるということにつながります。

 

レチノール

毛穴のたるみを引き締める成分2つ目はレチノールです。

 

真皮のコラーゲンの減少や編成によって弾力が失われてしまった毛穴は、
放っておくとどんどんシワに変化していってしまいます。
早い段階で予防することがとても大切です。

 

 

レチノール配合の化粧品を使ったケアはとてもお勧めです。
またピーリングでも肌のターンオーバーを促進させてコラーゲンを増やす効果があるのでお勧めです。

 

毛穴用の化粧品は世間一般的にいろいろなものがありますが、
毛穴のたるみに関しての医学的な根拠に基づいた商品としてはレチノールやピーリングが有名です。

 

コラーゲンが減少してくると、縦長の毛穴のたるみが起きてきます。
こういったものが連続してしまうとシワになってしまうので、コラーゲンを増やすレチノールなどの成分を使ってケアをすることが大切になってきます。

 

またピーリングを行うことによってコラーゲンが増えたり、毛穴を進めることができるので、
週に1回から2回を目安に行うようにしましょう。

 

年齢を重ねるとともに毛穴はドンドンと縦長に広がりやすくなっていきます。
できるだけ若いうちからコラーゲンに目を向けたスキンケアを行っておくようにしましょう。

 

毛穴の広がりが目立ってきて気になる頃にはかなり広がってきてしまっていると考えられます。
早ければ早いほどスキンケアは有効です。

毛穴を目立たせない化粧方法

毛穴を目立たせない化粧方があります。

 

ファンデーションやコンシーラーをいくらかさんでつけても、
長い時間のメイクとなってしまうといつの間にか目立ってきてしまうのが毛穴の開きです。

 

毛穴隠し仕様の下地もありますが、いちど毛穴が広がってしまっている人の場合は、逆に目立ってしまうことも考えられます。

 

大切なのは光の拡散効果を狙った毛穴のカバーです。
毛穴を隠すためにファンデーションをどんどん重ねてぬってしまうと、メイク崩れを起こしやすくなります。

 

それは毛穴をさらに目立たせる形にもなってしまいます。
ファンデーションはなるべく薄く塗って、こまめにメイク直しをすることが毛穴を目立たせない秘訣です。

 

 

そして毛穴を目立たせないコツが、仕上げようのフェイスパウダーを使うことです。
パールのフェイスパウダーには、肌に当たる光を拡散させ、肌の凹凸を目立たなくせる視覚的効果が期待できます。

 

また暗めの色のファンデーションなどを使って黒っぽく仕上げてしまうと、
逆に肌の凹凸が目立ってしまい毛穴が目立つことになります。

 

ファンデーションをつける前に、乳液やクリームなどの油分の多いものをたくさんつけてしまうと、
油分が過剰になってしまいメイクが崩れやすくなります。
後から出てきた皮脂とのバランスが悪くなってしまうからです。

 

毛穴の詰まりと開きは、洗顔のせい?

洗顔の仕方でも
毛穴が詰まって開いてきます。

 

この場合本当に毛穴が詰まっているかどうかを見極めることが大切。

 

 

指で肌を並べてみると角栓がザラザラと感じる場合は毛穴つまってる状態だといえます。

 

 

このような状態の場合は角栓をしっかりに取り覗く必要があります。

 

また歳をとるにつれて、若い頃よりも毛穴が目立ってきてしまったと感じる場合、
ほとんどは毛穴がたるんでしまったことにより起きたことだと考えられます。

 

 

ご自分の毛穴をよく観察し、涙型に流れるようになっている場合は毛穴の詰まりではなくたるみと考えましょう。

 

 

こういった場合は、ピーリングなどで古い角質をきちんとケアしながら、ビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品などをうまく組み合わせ、コラーゲンをしっかり増やしていくスキンケアを行うことが大切です。

 

 

この時オイルクレンジングなどで頻繁に毛穴の掃除をしようとする方がいらっしゃいます。
この場合あまりやりすぎてしまうと、汚ればかり取れて肌荒れが起きてしまうことがあります。

 

 

オイルクレンジングでゴシゴシと擦っていると角栓がポロポロ取れてくることがあります。
しかしながらオイルクレンジングはとても洗浄力強いのです。
その上、刺激をを与えるということは乾燥や肌荒れの原因になりやすなります。

パックをすると毛穴が目立つ?

パックをしてしまうと毛穴が大きくなり目立ってしまうと考えている方が多いようです。

 

ですが毛穴パックは全て悪いとは言い切れません。

 

毛穴パックで角栓を取り除くことが毛穴を刺激するので
しょっちゅう行ってしまうと余計に毛穴が広がり厚くなります。

 

 

ですが
皮脂分泌が多い人の場合、角栓を放置してしまうと、
角栓そのものがどんどん大きくなってしまい内側から毛穴を広げてしまう
ことになります。

 

 

そうなってしまう前に、パックなどを使って角栓を定期的に除去してあげる方が良いこともあります。

 

 

角栓が黒くなってしまい、ザラザラしていてイチゴのようになってしまっている人の場合は、ある程度頻繁にバックで除去した方が良いと考えるのが無難です。

 

 

また取り除いた後はきちんと洗顔し、ピーリングなどでケアしてあげると再発予防になります。

 

 

なおかつビタミンCなどを使って毛穴を引き締めてあげることも大切です。

 

 

それと同時に、コラーゲンを増やし、内側から肌をふっくらさせてあげることも大切です。

 

 

そもそも潤いを失っている状態で外側の問題ばかりを解消しても、根本的な解消にはなりません。

 

 

外側からのスキンケアと内側からのスキンケアをうまく併用して行っていくことが大切です。

 

>>マキアレイベルを半額で購入する☆
※全額返金保証付きキャンペーン中です